食品工場・その他工場の廃水処理コストと環境負荷を削減。地球温暖化防止と持続可能な社会の実現に貢献します。
RYOENG株式会社(旧社名:会津太陽光発電㈱)
営業時間 10:00~18:00(月〜金)

2021年5月6日 「システム特許」出願。審査中です。

全国の食肉加工・食品工場の廃水の悩みを解決

工場の管理責任者の方 このような悩みはありませんか?

  • 毎月の排水処理コストや蒸気ボイラーの重油代が負担になっている
  • グリストラップのバキュームで産廃費用がかさむ
  • 処理水が時々、法定基準を超える時がある。
  • 排水管が詰まる
  • 廃水処理周りの衛生状態が悪く、害虫が発生している。
  • 悪臭が発生し、周辺住民から苦情が出ている
  • 取引先や株主からCO2削減に向けた取り組みを求められている

低コストで課題を解決

  • 業務提携先である中国タイタン社(排水処理メーカー)に製造を委託し、製造コストを下げます。

3年ほどでコスト回収が可能

単価は2,500万円~4,000万円ですが、例えばグリストラップの汚泥や油の産廃費用に毎月50万円かかっている顧客の場合、産廃費用や蒸気ボイラー用の重油代の削減などで毎月60〜100万円のコスト削減が可能になるため、3年で設備投資額を回収できる見込みです。

自家消費型太陽光発電システムで「熱と電気エネルギーの自給自足」を加速

お問合せはこちら

現場で悩む 排水担当者のための無料相談窓口「水処理レスキュー」