1. HOME
  2. 会社案内
  3. 代表挨拶

COMPANY

会社案内

当社は、再生可能エネルギーの普及を通じ、持続可能な雇用と、資金が地域に循環する仕組みを構築するとともに、豊かなエネルギー・食料・水・文化を次世代に引き継ぐことを目指し、東日本大震災の翌年、「会津太陽光発電株式会社」として、福島県会津美里町に設立いたしました。

設立以降、コスト面や安全性の問題から雪国では太陽光発電の普及は難しいと言われておりましたが、実証実験を重ね雪国に適したパネル角度や架台を検討し、太陽光発電システムに関して福島県・近県に400件超の実績を有するまでになりました。

これからの社会ニーズを見据え、2021年2月、社名を「RYOENG株式会社」に改め、排水GX事業(排水処理及び汚泥処理に関する事業)を主軸事業に転換。排水処理に悩む全国の工場・企業の課題解決、捨てられてしまうはずだった水と油の再価値化、それによる地球温暖化防止と持続可能な社会の実現に貢献することを目指しています。

RYOENGには「良縁」と「良質なエンジニアリング」の意味が込められています。良質なエンジニアリングでお客さまの技術的、経済的課題を解決すると共に、お客様と地球環境の“良い縁”を繋ぎSDGsに貢献することが私たちの使命です。

代表取締役 折笠 哲也