食品工場・その他工場の廃水処理コストと環境負荷を削減。地球温暖化防止と持続可能な社会の実現に貢献します。
RYOENG株式会社(旧社名:会津太陽光発電㈱)
営業時間 10:00~18:00(月〜金)

企業情報

RYOENG株式会社

会社概要

商号RYOENG株式会社(リョウエン株式会社) 旧社名:会津太陽光発電株式会社
設立2012年2月
本社〒969-6214 福島県大沼郡会津美里町冨川字古屋敷3
川崎営業所〒210-0024 神奈川県川崎市川崎区日進町9-1 川崎センチュリープラザ203
役員代表取締役  折笠 哲也
取 締 役  松本 健一
取 締 役  石井 裕之
取 締 役  佐藤 留利子
TEL0242-93-9333
(平日  9:00~18:00)
FAX0242-93-9336
Mailinfo*ryoeng.co.jp *を@にご変更下さい。
休業日日曜・祝祭日・年末年始
*土曜日はお休みを頂く場合があります。
事業内容
取扱製品
エネルギー事業部:「熱と電気の自産自消」システムの提供
・太陽光発電装置の販売
・小水力発電装置の販売
・風力発電装置の販売
・その他、再生可能エネルギー推進事業全般
・上記に附帯関連する一切の事業

環境事業部:
・高含水バイオマスの再生エンジニアリング
・高圧真空脱水装置による水分除去
・ブリケットマシーンによる燃料成形
・バイオマスボイラーによる熱利用
・除塵、脱臭
・排水処理
・各種乾燥装置
・QCL無機系複合凝集剤
・QCL土壌改良剤
・QCL-SDAF加圧浮上型汚水処理システム
・QCL-HB高効率生物反応システム
・QCL-膜システム

本社 アクセスマップ

企業理念

エネルギーの自産自消を通してSDGsに貢献する

持続可能なエネルギーを次世代の子供たちへ残せる社会

“Clean Business is Good Business.”
環境負荷が低くクリーンでなければ、企業も社会生活も持続していくことができません。
持続可能な社会の実現にとって重要な要素の一つが「足元にある潜在的エネルギーの活用」です。
弊社のゼロエミッション化システムはその実現に貢献します。

代表挨拶

 弊社は再生可能エネルギーの普及を通じ、持続可能な雇用と、資金が地域に循環する仕組みを構築するとともに、豊かなエネルギー・食料・水・文化を次世代に引き継ぐことを目指し、東日本大震災の翌年に設立いたしました。
 設立当時、コスト面や安全性の問題から雪国では太陽光発電の普及は難しいと言われておりましたが、実証実験を重ね雪国に適したパネル角度や架台を検討し、会津各地の太陽光発電所建設に携わりました。
 太陽光発電以外にも水力、風力、バイオマスの推進や、電気自動車や蓄電池を活用したオフグリッドシステムの構築、また農家が安価な再エネを活用し営農継続に貢献出来るオフグリッド農業用ハウス開発などに取り組んでおります。

 また収益の一部を地域貢献に取り組んでいる団体へ寄付し、地域文化の創造と次世代育成にも貢献しております。

代表取締役 折笠 哲也

お問合せはこちら

現場で悩む 排水担当者のための無料相談窓口「水処理レスキュー」